まだまだ新しい技術のレーシック

最近になって視力を回復することが出来るという宣伝文句で数多くのサプリメントが発売されています。
中でも有名なのがブルーベリーですが、その根拠は一切無く、確実に近いのは今のところレーシック手術のみなのです。 レーシックの手術法というのは、眼の中のレンズとされている角膜に安全性の高いレーザーをあてて治療をしていきます。
屈折率を変化させていき、ピントを徐々に合わせていくことで、視力回復を実現出来る手術となります。

 

日本におきましては、2000年に厚生省からレーシックが認可されることになり、今では年間2万5千人の人がレーシックを受けています。
各クリニックのホームページを確認してみますと、実に95%以上の人が裸眼で1.0以上まで視力回復をしているのです。

 

レーシックというのは術中や術後の痛みを生じることはほとんど無く、手術による目へのダメージが比較的少ない治療方法となります。
着々とレーシックも広がりを見せており、次第に白内障の手術件数を上回り、 レーシックが占めることになるだろうと予想されているのです。





注目サイト、硝子体 手術ならおまかせ
硝子体 手術
URL:http://www.otsukiganka.com/shoushi/


まだまだ新しい技術のレーシックブログ:11-10-21

昨日は、布団に入って2秒でねました。


何があったという特別な理由はないんだけど、
そんな時ってあるよね!?

ママがJOBA始めるらしいから
便乗して、ストレス発散でもしよっかなー。

カタも気になる事だし、室内なら曇りでも
なんでも関係なく、暑いも寒いもないし。

ダイエット紅茶を飲んで!とか、
オヤツはこんにゃくゼリーにして!!
まで意気込まないとしても。

というのもガス主任技術者の勉強をしていた友人が体調を
崩して、仕事を辞めることになって・・・。

「これで勉強に身が入るようになった」とは言っていたけど、
大阪駅で会ってご飯を一週間前食べた時に、
頑張りすぎもよくないのと、ストレスは絶対だめ!って。

なんか病気の原因の90%くらいがストレスとか聞いて、
見えない力って凄いんだなって思った。

というより、人間メンタルがすごーく大切なんだよね、きっと。

年に一度はチェコへとか、海外好きだった人も、
この不景気であんまり行ってないみたいだし、そうなれば、
自然にストレスもたまるよね。

わたくしは無縁の人だけど。

ただ21時に仕事が終わるかどうか・・・とか時間に
対しては、わからなくなってきているのはたしか。

残業も増えているし。

しあさってどこか行こうと思っても、急な残業があるから、
予定が立たなくて、遊びに行く機会も減ってるし。

ストレスをわたくしは感じないタイプだけど、いつか友人の
ように感じる日がくるのかな・・・とも思うし、体が危険信号
送るのかもね。

と思えば、ストレスの発散法を作っておかねば・・・と思う
今日この頃でした。

・・・と、こんな事書いてみる