まだまだ新しい技術のレーシック

まだまだ新しい技術のレーシック


まだまだ新しい技術のレーシック
最近になって視力を回復することが出来るという宣伝文句で数多くのサプリメントが発売されています。
中でも有名なのがブルーベリーですが、その根拠は一切無く、確実に近いのは今のところレーシック手術のみなのです。 レーシックの手術法というのは、眼の中のレンズとされている角膜に安全性の高いレーザーをあてて治療をしていきます。
屈折率を変化させていき、ピントを徐々に合わせていくことで、視力回復を実現出来る手術となります。

日本におきましては、2000年に厚生省からレーシックが認可されることになり、今では年間2万5千人の人がレーシックを受けています。
各クリニックのホームページを確認してみますと、実に95%以上の人が裸眼で1.0以上まで視力回復をしているのです。

レーシックというのは術中や術後の痛みを生じることはほとんど無く、手術による目へのダメージが比較的少ない治療方法となります。
着々とレーシックも広がりを見せており、次第に白内障の手術件数を上回り、 レーシックが占めることになるだろうと予想されているのです。




まだまだ新しい技術のレーシックブログ:19-1-22

ダイエットのために
体操する場合に注意したいのは、
「オーバートレーニング」と呼ばれる症状です。

オーバートレーニングというのは
体操のやり過ぎによる疲労のことで、
この症状は比較的、誰にでも出やすいんですよね。

オーバートレーニングになると…
体がだるい、体が重い、寝つきが悪い、
眠気がとれない、イライラする…など、
日常生活に影響してしまいます。

ダイエットに関しては
オーバートレーニングになってしまうと、
疲労から免疫機能の低下、消化不良などから
体脂肪が落ちにくい状態になってしまいます。

早く痩せたいからと、
休養を考えずに体操を続けると、
逆効果になってしまうのです。

ダイエットを効率よく行うためにも
体操と休養のバランスを考えて行うようにすることが、
とても重要なポイントとなるわけです。

オーバートレーニングになってしまった場合は、
体を休ませる必要があります。

基本的に
一週間程度運動を行わなければ体は完全に回復するので、
オーバートレーニングになってしまったら
一週間は体操を行わないようにしましょう!

体操と休養のバランスを考慮するなら、
毎日体操を行うのは効率的ではありません。

一週間に3~4回、
1日おきのペースで行うのが
効率がよい体操のペースとなります。

1日おきのペースであっても、
疲労感がある場合は、無理をせず休養することが大切です。
疲労を溜めないのは、ダイエット中の基本です!

また、
体操に慣れていない人が体操を始めた場合、
翌日筋肉痛になる場合が多いですよね。

筋肉痛は筋肉が使われて疲労しているという体のメッセージ。
なので、筋肉痛が抜けてから体操を行うようにしましょう。

まだまだ新しい技術のレーシック

まだまだ新しい技術のレーシック

★メニュー

レーシックはどのように行われるのか
手術なので確実に成功するとは限らない
レーシック治療の実績数は要チェック
割引制度を利用してレーシック手術
まだまだ新しい技術のレーシック
何よりもクリニックのサポート体制に注目
これからは裸眼で快適に生活
レーシックの安全性は非常に高い
日帰りで出来るレーシック手術
事前にレーシックの給付金を確認


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)信頼することの出来るレーシックを探そう